About Us

そこに行けば心を豊かにしてくれる空間、

お茶を飲んでいるとつい時間を忘れそうになって、

一人を楽しみたい人もおしゃべりを楽しみたい人も、みんなを楽しみたい人も、

それぞれがそれぞれに過ごすことのできるちょっとした隠れ家が、グラニーズです。

本と手作りと日々の暮らしを愛する女性のために!

2019年7月26日金曜日

ティーコゼー

お店で使う、ティーコゼーを4つ作りました。10センチ角の小さなクレージーブロックを4枚作っていたのですが、何にしようか迷っていました。チャリティーショップ用に考えていたので、1枚ずつ使うならピンクッション、2枚使うならニードルブック、4枚まとめてクッションカバーではどうだろうと決めかねていましたが、キッチンスタッフFさんの「お客様にお茶を出すときのティーポットはどうですか?」の一言で、売るものではなく店で使うものを仕立てることになりました。

カフェのお茶ご希望のお客様にはティーフォーワンというお一人用ポットとカップのセットを使っています。カップとポットを重ねてお茶を淹れるとポットのお湯でカップも温まり、ポットにはちょうどカップ2杯分のお茶が入りますので、自分でお代りもできる優れモノです。何より可愛いのです。

お出しするときにはポットをカップから下ろしてテーブルまで運びますが、4枚のブロックは最終的に、それにかぶせる小ぶりのティーコゼーになったというわけです。

                             


お客様のお茶の時間が楽しくなるように、色調を変えて、飾り方も変えて、お店用にもっとたくさんティーコゼーを作ろうと思いました。


ところでブログの更新をサボっていた間のことですが、注文でこんなティーコゼーも作りました。これはけっこう大きなポット用です。布はお客様の持ち込みでした。長年愛用して色の褪めたエプロン、ハンカチ数枚、手ぬぐいもありました。それやこれやに私手持ちの色んなものをいっぱい足して、春でしたから私的には秘かに『春宵』というタイトルをつけていました。

                               

2019年7月18日木曜日

グラニーズ近況

今年はグラニーズオープンから5年です。6年目が始まりました。よく続いたと思います。ブログもサボってばかり、宣伝もさっぱりなのに変わらず応援して下さる方、偶然見つけてファンになって下さる方たちに感謝です。昔のように仕事量をこなせない私を助けてくれる有能なスタッフに恵まれて、グラニーズはまだまだ元気です。

最近のギャラリーでは望月英子染色作品展や例年の設楽洋子うつわ展などがありました。
                   



それから通販生活最新号にクボタヒロコさんの猫シャツが特集記事になり、「作品は仙台のグラニーズで見ることが出来ます」と紹介されました。小さな小さな字で印刷されているにもかかわらず先日は埼玉県飯能の、一昨日は神奈川県厚木の方がいらして下さったりで、驚いています。『通販生活』恐るべし、です。ヒロコさん自費出版の英文の猫刺繍本はグラニーズでは残部3冊になりました。お求めになりたい方はお急ぎ下さい。
                      
              



2019年1月10日木曜日

あけましておめでとうございます



新しい年になりました。グラニーズも開店6年目になります。昨2018年は年の終わりに何と ”災” の漢字が当てられてしまいました。天災、人災、いつもながらの想定外のことがいろいろありましたね。2019年はどんな年になるのでしょう?想定内に収まる暮らしをしてゆくために、時間や物の管理をできるだけシンプルにしていこうと年頭に思ったことでした。本も整理しないといけないし、布や糸も減らさないといけないし。でもそうすると矛盾するようですが、買ったのにそのままになっている本をせっせと読んだり、布や糸でせっせと何かを作ったり、グラニーの手や体は忙しくなるのかも。何しろすべての働きがスローになっているので時間がかかるのです。ブログの更新もできるだけ頭の体操と思って頑張ります。

皆様、今年もどうぞよろしくおつきあいをお願い申し上げます。

2018年12月6日木曜日

12月

12月とは思えない暖かさが続いていましたが、今日は本来の寒さになり冷たい雨が降っています。あまり季節感がないまま店をクリスマスらしく飾って昨日終わったところでしたので、まあまあ良かったです。
        

女川原発再稼働の是非を問う県民投票を求める署名の最終的な集計はまだ出ていませんが、4万の必要数は軽く越え、9万を越えて10万に届きそうな勢いだそうです。でもこれからのハードルも高いのです。県議会で条例ができ、各市町村が投票事務を引き受け、投票が行われ、県民の意思が示され、と果たして進んでいくのかどうか。いったとしてそれに対しての政治的判断はどうなるのか?でも、手間ひまがかかっても今だから直接民主主義を試してみないと、と思います。日本は民主主義国家なのですよね。沖縄で起きていることを見ていると、すべて遠くで起きていることではなくて、次は本土のどこででも強権は必要なら民意を踏みにじるのだろうと思えてしまいます。