About Us

そこに行けば心を豊かにしてくれる空間、

お茶を飲んでいるとつい時間を忘れそうになって、

一人を楽しみたい人もおしゃべりを楽しみたい人も、みんなを楽しみたい人も、

それぞれがそれぞれに過ごすことのできるちょっとした隠れ家が、グラニーズです。

本と手作りと日々の暮らしを愛する女性のために!

2022年11月10日木曜日

2022 窪田弘子刺繍展 スタート



窪田弘子刺繍展がいよいよ始まりました。スレッド・ペインティング(Thread Painting) という技法の刺繍作品の個展です。絵具やパステルではなく刺繍糸で描いた写実画 のような刺繍作品の数々です。手で一針ずつ刺した犬や猫、花や虫がシャツやバッグを飾っています。

窪田弘子さんが数年かかって作り上げた猫シャツはほとんどが飼い主から頼まれて刺した注文仕事ですので既に持ち主がいらっしゃいます。今回の個展はそういう方たちからもう一度借り受けたシャツ作品、それに新作の小品を加えた展覧会ですので、これほど作品点数の多い個展は再度できるかどうかはわからないそうです。しかも奈良にお住いの窪田さんがこんな東北の地に足を運んで下さるなど、最初で最後ではないかと思います。(個展は20日までですが、最後の3日間、窪田さん在廊です)

       

       

今回は販売品コーナーもあります。展示されている小さな額装品のそれぞれの作品キットがありますので、挑戦が可能です。また自家製の可愛らしいレターセット、トランプなどもありますので、素敵な作品をお手元で楽しむことができます。


また、グラニーズが持っている以前の刺繍サンプラーや刺繍による人物作品なども一緒に展示しておりますので、どうぞ、刺繍による絵画をご堪能いただければと思います。


11月20日までです。ご来店をお待ちいたします。









2022年10月9日日曜日

窪田弘子 刺繍展

 秋になりました。ようやくしのぎやすい気候になり、少し楽しいことを考えたくなります。が、突然寒くなったり、体調を整えるのが一苦労です。

さて グラニーズ 今年最大のイベントです!!

11月半ば、あの猫刺繍の窪田弘子さんの作品展と、何と窪田さんが仙台にいらっしゃるのみならずワークショップまで開いて下さいます。(ただワークショップはまだ1ヶ月以上先なのに、窪田さんのブログで早々と予約して下さった方たちで、”満員お御礼”の状況です。


先日届いたDMです。猫ではなくトラ。今年って実は寅年です!


DMの個展案内です。


拡大しても見えにくいかも知れませんのでもう一度書きますね。


『窪田弘子 刺繍 [MY THREAD PAINTING] 』

 ~ 小さな個展と小さなお店と小さなワークショップ ~

 [仙台] Granny’s(グラニーズ)

期間: 11 月10日 11:00 ~ 17:30 * 最終日は16:00 まで

    (作家在廊は18, 19, 20日)

入場無料

* 状況により入場をお待ち頂く場合もありますのでご了承下さい。

* 作品や店内の展示品には決してお手を触れないで下さい。


なかなか外には出ない窪田弘子さん、web サイトの向こうで黙々と針と糸で刺繍の絵を描き続ける窪田さんの肉声にも触れられる、もしかしたら最初で最後の機会かも知れません。どうぞカレンダーに赤丸で、予定を書きいれておいて下さいね。

ところでこの会期中、グラニーズカフェは月曜~水曜の営業時間はそのまま、ランチは6人まで、前日までの予約の方のみとさせていただきます。ギャラリーの作品をご覧になるのに予約の必要はありませんが、入場をお待ち頂く場合があるかも知れないことは、DMのご案内のとおりです。

2022年8月30日火曜日

シャーリー・ヒューズの絵本

 突然の話題ですが、シャーリー・ヒューズというイギリスの絵本作家がいます(いました、と言うべきかも)。日本ではほとんど知られていないのですが、私は大好きで、昔、出版社に売り込んだことがあります。即、”今風でない”という理由で却下されました。数年前残念なことに亡くなられた灰島かりさんがやはり大ファンで、十数社に持ち込んだけれども一様に、”絵がかわいくない”という理由で全部断られたそうです。絵本や児童文学を何冊も翻訳なさっている方が持ち込んでもダメなのですから、やっぱり日本では受けない作風と思うしかありません。



 ですけれど私は熱心なファンですからせっせと絵本を買い、シャーリーさんはすでにそれなりのお歳でしたから時々ネットで検索して消息を追い、お元気だとホッとしていたのですが、今年の2月に亡くなられていることを知りました。で、何だかとても落ち込んで、でも誰かに絵本のことを紹介したくて、何冊か訳して、パソコンでコピペを駆使して実に安易な、私家版とも言えないホチキス止めの簡易本を作って、面白いと思ってくれそうな人に見せたりしました。面白いと思ってくれそうな人ですから当然、”面白い!”と言ってくれました。

          

内容からいったら、子供なら誰もが経験しそうなあたりまえの日常のできごとがほとんどです。宝物みたいに大事にポケットに入れていた石っころが、海水浴にいったら行方不明、悲しくて泣いてしまう、とか、お母さんが風邪で急きょ、近所のおうちに預けられるのですが何しろ”イヤイヤ期”真っ最中、行きたくないとさんざん反抗するのですが、行けば家とは違う楽しい時間が過ごせて、最後は迎えに来たお父さんに得意の決めゼリフ「(家には)行きたくない」と反抗するお話とか、お家作りが大好きな女の子や、雨の日に家の中で北極探検ごっこをするとか、出てくる子供たちやその遊びが本当に子供らしいのです。

         

         

          

どうしてイギリスでは何世代にもわたって”国民的”といっていいほどの人気作家が日本では一顧だにされないのか、本当に不思議です。それで考えたのですが、絵本に描かれるようなイギリスでは今もあたりまえの子供の生活が、日本の子供には殆どないからではないだろうかと思い至りました。近くに野原があって牛や羊がいて、草むらには虫がいて、それを追いかけて遊ぶという環境、大人はいざというときには助けてくれるけど大体は一歩さがって黙って見守っているだけとか、昔はそうでしたが今は違います。だから私などはいつまでも楽しかったと懐かしく思い出すのかもしれませんが、今の日本の子供たちの生活はもっと都会化され抽象化されたものになっているのでしょう。危険も多くて目が離せなくもなっていますし。

でもこんな風に全身で怒っている表情など、私はすごーくかわいいと思ってしまいます。灰島さんなどは三歳と三歳半を描き分けられる作家と激賞しています。

             

蛇足ですが、この位の怒りで、国葬反対!と言ってみたいものですね。


2022年7月31日日曜日

近況

 ご無沙汰しておりました。

時ならぬ暑さやコロナ不安、唖然とするような世の出来事、単純に年齢相応の疲れ等などでなかなか気力がわかず、ブログの更新をサボっておりました。一番大変なのは庭の草取りかも。

          


でもいろいろ言い訳は並べましたが、グラニーズの日常は変わらず回っております。カフェもキルトも読書会や定例の集まりも恙なく続いております。

先日は栃木から東北旅行にいらしたご家族がランチに立ち寄られ、帰りには『ラークライズ』とハートサシェを買って下さったり、横浜の方がミスターパートナー誌で『キャンドルフォード』のことを知り、秋には何人かで仙台を訪れ、店に立ち寄り表紙に使ったキルトも是非見たいとお電話を下さったり、元気の出ることも多々あるのですが、一方で訃報や気の沈むニュースも届きます。今年は久しぶりに益子の設楽洋子さんの作品展を予定していましたが5月に急逝され、それは今年一番のショックでした。

コロナの第7波が予想以上のスピードで進行中なのが気になりますが、即休業にするのではなく少し状況を静観しようと思っています。