About Us

そこに行けば心を豊かにしてくれる空間、

お茶を飲んでいるとつい時間を忘れそうになって、

一人を楽しみたい人もおしゃべりを楽しみたい人も、みんなを楽しみたい人も、

それぞれがそれぞれに過ごすことのできるちょっとした隠れ家が、グラニーズです。

本と手作りと日々の暮らしを愛する女性のために!

2020年11月23日月曜日

コロナ対策


 今年は年明けからコロナに振り回されどうしです。この窪田弘子さんの個展は昨年から予定していたのですが、果たして出来るのかどうかハラハラでした。何とか開催できてよかったです。今や全国区どころか世界区の刺繍家になってしまった弘子さんの、繊細かつ緻密な作品をこれほどまとまった数、一度に見れる機会はこれから先もあるのかどうか。今回、ご覧になれた方は幸運であったと思います。

本当は大々的に宣伝して押すな押すなの盛況にしたかったのですが、かないませんでした。コロナ対策は、マスク、手の消毒、三密を避けるための予約優先、連絡先の確認など、出来る限り対策しました。ギャラリーのドアが開くと、南側テラスドアがいつも開けてあるので、風が吹き抜けて換気も万全です。11月とは思えない穏やかな晴天続きで助かりました。

あと5日間、猫好きの方、刺繍のお好きな方のご来店をお待ちします。






2020年11月18日水曜日

窪田弘子さんの個展がスタート



 

今週月曜日、「クローゼットの猫会議」というタイトルをつけた窪田弘子さんの刺繍作品展が始まりました。刺繍にもクロスステッチ、フランス刺繍、スウェーデン刺繍、日本刺繍etc、いろいろありますが、窪田さんの刺繍はニードルペインティングという、いわば針と糸で絵を描く刺繍ジャンルと言っていいと思います。写実的に絵を描く能力と刺繍の技術の両方が備わっていなければできません。細かな手仕事には機械ではできない忍耐と、対象に向かう観察力の他に、作品に現れる作家の個性が必要です。窪田さんの作品にはその全てが相まって、他の人の追随を許さない魅力的な一つの世界があります。でも実は、こんなに窪田弘子ワールドをこれほどたくさんの作品群として、一つの場所で堪能できる幸運な機会というのはほとんどないことなのです。もしかしたらこれが最初で最後かもしれません。

私から見ると窪田さんにはアーティストである以上に職人魂とでもいうべきものがあるように思えます。職人として技術的にはどこまでも努力と精進を惜しまず、でも作る物についてはそれを望む人に喜んでいただけるようにという他者へのサービス精神(優しさと言っていいですが)が根っこにあるように思うのです。

会期は11月27日金曜日まで、毎日11時から5時半まで、ご覧いただけます。ただコロナウイルスの感染が要注意時期ですので、状況に合わせていろいろお願いが生じることもあると思います。よろしくご協力下さい。

カフェスペースもあります。営業時間や人数の制限もありますので、ご予約をお願いいたします。
               

2020年11月10日火曜日

『クローゼットの猫会議 ― 窪田弘子個展 』

さて、長いことご無沙汰しておりましたが、今年最初にして最後の大きなイベントです。実は昨年から温めていた企画 なのですが、今年は年明け早々、一年間コロナに振り回される羽目になり、当初の9月予定が何とか年内には間に合いまし た。 あの誰もが実際にこの目で見たかった、仕立てられた猫シャツ12枚、バッグ、ポーチ、布箱、額など、全部で30点以上が 展示されます。コロナに気をつけながら、楽しくお過ごし下さい。                                 
展示

2020年5月25日月曜日

グラニーズ再開

先週の5月20日水曜日、いつも第3水曜日午前に開いている、フラワーアレンジメント教室が、自粛明けのグラニーズ再開の初となりました。密を避けつつ7人が集まりました。ただカフェは6月からとなります。そして、まだまだ油断大敵です。週の月・火・水、11時半から2時半までの営業、予約のお客様優先で、店内8人までの受け入れとさせて頂きます。苦しい状況が続きますが、まずは再開を喜びたいと思います。