About Us

そこに行けば心を豊かにしてくれる空間、

お茶を飲んでいるとつい時間を忘れそうになって、

一人を楽しみたい人もおしゃべりを楽しみたい人も、みんなを楽しみたい人も、

それぞれがそれぞれに過ごすことのできるちょっとした隠れ家が、グラニーズです。

本と手作りと日々の暮らしを愛する女性のために!

2017年4月28日金曜日

翻訳

本づいている最近のことは書きました。実は私には二冊、翻訳書があります。『カサンドラの城』という、あの101匹ワンちゃんを書いたドディー・スミスの小説(イギリスでは今も人気の少女文学)と、『ラークライズ』というイギリスの高校生には必読の19世紀末の農村生活をフィクション化した記録文学です。
悲しいことに何故かどちらも日本での売れ行きは今ひとつです。だから翻訳は終わっているのに『ラークライズ』後編は出ていません。出版社も青息吐息です。今、出版業界は危機的状況です。

                              


趣味のはずのクレイジーキルトにかなりの時間を使い、成行きで何故かカフェギャラリーのオーナーになってお客様のためにティーやコーヒーも淹れて、皆さんがくつろげる時間を過ごして頂けるのはうれしい限りです。

でも人間誰にとってもどうでもいいこととどうでもよくないことにはいろいろ段階があります。私にとって一番どうでもよくないことは、もしかしたらカフェ経営よりクレイジーキルト教室より、お金にはまったく縁のない、”てにをは”の文章世界なのかなあ、と思ってしまうことが最近ありました。ある本を手伝っていて、適当なところで適当に妥協してもいいのに、本である以上、読者には最大限良い形であって欲しいなんて、もしかしたら自分の能力以上に頑張ってしまったのです。

今でも翻訳への情熱は失せていません。私の翻訳は英語から日本語へですが、訳してみたい本はたくさんあります。時々、気持ちが落ち込むと猛然と、訳すことがあります。そしてこっそりと内緒の非公開のページを作ってそこに保存しています。いじましいですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿