About Us

そこに行けば心を豊かにしてくれる空間、

お茶を飲んでいるとつい時間を忘れそうになって、

一人を楽しみたい人もおしゃべりを楽しみたい人も、みんなを楽しみたい人も、

それぞれがそれぞれに過ごすことのできるちょっとした隠れ家が、グラニーズです。

本と手作りと日々の暮らしを愛する女性のために!

2017年4月13日木曜日

APIED アピエ

3月下旬、東京に住む高校時代の友人がグラニーズを訪れました。二人きりでゆっくりおしゃべりしていると、気持ちは一気に十代の頃に戻ってしまいます。1年と3年で同じクラスでした。大学は違いましたが東京に出て、それぞれに入った大学で同じ高校からの友人もいないまま、新しい環境に大きなカルチャーショックを経験しました。仙台は東北では大きな都会でしたが首都はまったくレベルが違い、戸惑いや迷いの中で自分の立ち位置が不安定で、苦しい気持ちを吐き出したくて折りにつけ会い、雑司ケ谷の漱石のお墓を見に行ったりしました。

でも人生、それぞれに乗り越えて来ました。50年、半世紀です。

彼女がこんな文芸誌を持ってきてくれました。装丁にも内容にも作った人のこだわりとセンスを感じます。いいなあ、こういう人とつながってるなんて、と思いました。彼女も時々文章を書いているようです。そしたら、何と、彼女の紹介でグラニーズにその文芸誌を置かせて頂けることになったのです。

                          






                            


APIED という京都大原で古民家カフェをなさっている方の出している文芸誌です。オーナーが個人的に選んでいらっしゃるらしいテーマがまず魅力です。一般受けを狙っていないところに、”この人は何者!?”と興味をそそられます。

HPを見ますと、あのベネシアさんも立ち寄るカフェなのですね。
こんな文芸誌を置かせて頂いて、グラニーズの格が上がった感じです!!

0 件のコメント:

コメントを投稿